(10) シャルピー衝撃試験

概要

シャルピー衝撃試験は、切欠きを入れた試験片にハンマーで衝撃を加え、その衝撃吸収エネルギーを測定することによって、材料のねばり強さ「靭性」を調べる試験です。また、衝撃を加えて破断した破断面を見るとキラキラした破面(脆性破面)とにぶく光沢がない破面(延性破面)がありますが、元の試験片断面積に対する脆性破面の割合として求める脆性破面率を、いくつかの温度で行った衝撃試験片について測定することによって、破面遷移温度を求めることができます。

適用対象

試験項目

適用例

保有機器の主な仕様

JIS仕様機、ASTM仕様機(試験方法:JIS Z2242、ASTM E23)

試験温度
-196~350 ℃

 

 


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top