(24) 変態点測定

概要

金属材料(特に鋼)は、加熱温度によって結晶構造が変化し、膨張したり収縮したりします。同じ物質がある温度を境に結晶構造を変えることを相変態といい、その温度を相変態点といいます。変態点測定装置は、不活性ガス中あるいは真空中で試料を様々な速度で加熱・冷却し、試料の膨張・収縮を検出して、温度の関数として測定するものです。
当社の保有機器では、①高速な加熱・冷却、②熱処理から連続したサブゼロ処理、ができます。

適用対象

測定項目

適用例

保有機器の主な仕様

熱鋼溶接金属の変態点解析

[耐熱鋼溶接金属の変態点解析]

溶接金属のCCT図例

[溶接金属のCCT図例】


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top