(15) CTOD試験

概要

CTOD(Crack Tip Opening Displacement:亀裂先端開口変位)試験は、欠陥が存在する構造物の破壊靭性を評価する試験の一つです。亀裂を有する試験片を所定の温度に保持し曲げ外力を加えていくと、亀裂が急速に進展する現象「不安定破壊」が起こります。CTOD試験は、この亀裂が急速に進展する直前の亀裂先端開口量(CTOD値)を測定するものです。もちろん、ねばい材料ほどCTOD値が大きくなります。試験方法の規定としては、WES 1108、WES 1109、BS 7448、ASTM E1290があります。

適用対象

試験項目

適用例

保有機器の主な仕様

試験温度
-196 ℃、-165 ℃~室温


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top