(16) 落重試験

概要

落重試験は、その方法がASTM E208に規定されており、下図のようなクラックスタータビード付きの試験片を台上に切欠き部が下になるように置き、落錘を自由落下させて試験片に衝撃力を加え、試験片が破断するか否かを調べることによって、材料の脆性破壊特性の優劣を調べる試験です。切欠き部のクラックスタータビードを極めて脆い材質にしてあるため、シャルピー衝撃試験が材料特性としての「脆性亀裂の発生と伝播のしやすさ・しにくさ」を調べる試験方法であるのに対して、落重試験は「脆性亀裂の伝播しやすさ・しにくさと停止させる能力」を調べる試験と言えます。

適用対象

試験項目

適用例

保有機器の主な仕様

試験温度
-196 ℃、-165 ℃~室温


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top