(47) 材料評価例-3(EBSD結晶方位解析)

内容

○多結晶材料の種々の性質が、結晶方位の分布や方位関係にも依存していることが分かっており、従来はX線回折法を使った極点図などで調べていました。近年は、個々の結晶方位を測定し、隣接結晶との方位関係や粒界構造を個別に調べるSEM/EBSD法が盛んに使われるようになってきました。EBSDは、電子線回折によって得られる菊池線パターンを解析し、結晶方位や結晶構造の違いに基づいた組織観察を行う手法です。
(注)EBSD(Electron Back-Scatter Diffraction)


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top