(13) 土砂摩耗試験

概要

土砂摩耗試験は、摩耗現象の中でひっかき摩耗(アブレージョン)と呼ばれる硬い突起や異物によって表面が削り取られる摩耗現象を調べる試験です。具体的には、試験片と回転しているゴム輪の接触面に一定量のけい砂を流し込んで試験片の表面が削り取られた分の質量(摩耗減量)やその表面状態を測定・観察します。プラスチックのように摩耗しやすい材料は摩耗減量が大きく、工具鋼などの耐摩耗材は摩耗減量が小さく測定されます。

適用対象

試験項目

適用例

保有機器の主な仕様

試験片サイズ
12.5 mm厚×25.0 mm幅×75.0 mm長 (厚さは3.2~15 mmの範囲が可能)
(ASTM G65に準ずる)


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top