(5) FT-IR(フーリエ変換赤外分光法)分析

概要

物質は原子からなり、多くは分子を形成しています。それらの分子は、それぞれ固有の振動様式と振動数を示すことが分かっています。赤外線の吸収は、分子の振動によって生じますが、官能基ごとに吸収を生じる波数が異なるため、物質の分子構造が分かります。さらには、標準物質の測定チャートと比較することによって測定物質の特定あるいは推測ができます。顕微鏡機能を用いると、付着物等の微小な部位の測定もできます。

適用対象

分析項目

適用例

保有機器の主な仕様

波数
450~4000 cm-1


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top