(60) 接合研究例-11
(帯状溶加材による狭開先レーザ溶接技術) *)

内容

○近年のレーザ発振器の高出力化に伴い、厚板構造物を高能率下で溶接する技術が検討されています。しかしながら、板厚50 mmを超える厚板に対しては、多層の溶接技術が必要となります。ここでは、長焦点レンズを用いると共に、開先壁をガイドとして帯状溶加材を供給する方法によって、狭開先レーザ溶接の可能性を検討しました。
○開先深さ60 mmに対して、底部開先幅2.5 mm、表面開先幅5.5 mmをレーザ出力9 kW、溶接速度40 cm/min、焦点位置0 mm、9層で溶接することが可能であり、ティグ溶接の約8倍、マグ溶接の約2倍の能率での溶接が可能であることを把握しました。
○本研究は、㈱神戸製鋼所 資源・エンジニアリング事業部門との共同研究です。

帯鋼送給装置の概要

[帯鋼送給装置の概要]

初層の最適開先幅の選定

[初層の最適開先幅の選定]


溶接条件


他の溶接法との能率比較

[他の溶接法との能率比較]


断面マクロ組織

[断面マクロ組織]


*) 村井、江口、永井、小橋、山口:レーザ加工学会講演論文集、77(2012)、75-79.

お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top