(39) 溶接ひずみ・残留応力測定

概要

動ひずみや残留応力などを測定します。動ひずみを測定する場合は、試料にゲージやセンサを取付けた状態で溶接や試験を行い、時間とともに変化するひずみ量を測定します。計測機器としては、デジタルロガーを使用します。
残留応力を測定する方法としては、ひずみゲージ法とX線残留応力測定法があります。
ひずみゲージ法は、まず試料の測定したい箇所にゲージを貼付けます。ゲージ貼付けが完了後、ゲージの周囲を切断する前後でのひずみ量の差を測定し、材料特性(ヤング率・ポアソン比)を元に試料に残留していた応力を求めます。
X線残留応力測定法は、測定箇所にX線を照射し、回折したX線を検出することで、ひずみ・残留応力を測定します。

測定対象

測定項目

測定例

保有機器の主な仕様

X線残留応力測定結果 電子ビーム溶接継手の残留応力

[X線残留応力測定結果 電子ビーム溶接継手の残留応力]

ひずみゲージ法測定結果 止端部の残留応力

[ひずみゲージ法測定結果 止端部の残留応力]


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top