(38) シュリーレン法によるシールドガス観察

概要

気体や液体および固体(透明体)の密度差を目に見える形に表す手法が、シュリーレン法です。密度差のある観察対象は、場所によって屈折率も異なるため、光の明暗として観察されます。溶接現象へのシュリーレン法の適用では、ガスシールドアーク溶接(マグ溶接、ティグ溶接)のシールドガス流量の影響確認やノズル形状によるシールドガスの流れ調査などに用いられます。

適用対象

観察項目

観察例

保有機器の主な仕様

シュリーレン法装置の外観

[シュリーレン法装置の外観]

観察の一例(ノズル径19 mmφ)

[観察の一例(ノズル径19 mmφ)]


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top