(29)表面粗さ測定

概要

表面粗さ測定には、接触型と非接触型の測定装置があります。接触型は、接触子を試料表面に接触させながら測定します。一方、非接触型は、電子プローブ(走査型電子顕微鏡)やレーザ光(共焦点レーザ顕微鏡)などを用いて、高倍率の像を観察しながら試料表面の微細な凹凸を測定します。

適用対象

測定項目

・算術平均高さ(Ra)、最大高さ(Rz)、十点平均粗さ(RzJIS)、凹凸の平均長さ(RSm)

・高低差の測定(μm単位の測定)
・3次元表示

適用例

保有機器の主な仕様

接触式粗さ計によるワイヤ表面の測定

[接触式粗さ計によるワイヤ表面の測定]


非接触式粗さ計による500円硬貨表面の測定

[非接触式粗さ計による500 円硬貨表面の測定]


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top