(18) 低ひずみ速度引張試験(SSRT試験)

概要

低ひずみ速度引張試験(Slow Strain Rate Technique、SSRT)とは、その名のとおり低ひずみ速度で引張試験を行うものです。高強度化が図られた金属材料や高圧水素下で使用される金属材料では、水素に起因する遅れ割れや水素脆化が問題となっています。SSRT法は、通常の引張試験と比較して極めて遅いひずみ速度で引張試験ができることから、水素脆化特性の評価に幅広く利用されています。SSRT法に使用する試験装置では、低ひずみ速度引張試験の他、定ひずみ速度試験や定荷重試験ができます。

適用対象

測定項目

適用例

保有機器の主な仕様

最大負荷容量
30 kN
プルロッド速度
0.0001~0.1 mm/min
ストローク
25 mm
試験内容
低ひずみ速度試験、定ひずみ速度試験、定荷重試験


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top