(25) 再現熱サイクル試験

概要

再現熱サイクル試験とは、溶接を行った際、母材の熱影響部や多層溶接金属が受ける熱サイクルを再現し、母材特性の変化を調べたり、得られる溶接金属の相変態挙動(組織、機械的性能)などを評価するものです。
再現熱サイクル試験に使用する試験装置では、熱サイクルを与えるだけではなく、加熱や冷却中に引張や圧縮の力を加えることもできます。この場合、金属材料の高温での高速加工時における強度、熱間加工性および耐割れ性の評価などが可能です。

適用対象

測定項目

適用例

保有機器の主な仕様

低合金鋼溶接金属の高温高速引張試験の一例

[低合金鋼溶接金属の高温高速引張試験の一例]

・試験雰囲気:真空
・昇温速度 :22 ℃/min
・試験温度 :550 ℃
・保持時間 :3 min
・引張速度 :0.5 mm/s

 

Ni基合金の高温割れ性評価の一例

[Ni 基合金の高温割れ性評価の一例]

・試験雰囲気:真空
・試験温度 :1000 ℃
・引張速度 :0.5 mm/s
・ひずみ量 :8 %

 


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top