(11) クリープ試験、クリープ破断試験

概要

金属材料は、高温下で力が加わり続けると、組織変化、炭化物の粗大化および空孔や亀裂の発生などが生じ、徐々に塑性変形が進行することがあります。この現象をクリープといい、一般的に金属材料では3段階(遷移クリープ、定常クリープ、加速クリープ)を経て破断に至ります。高温で長時間運転される発電プラントや化学プラントなどで使用される材料では、このクリープが問題になります。そこで、試験片に高温の一定温度下で降伏点(耐力)未満の低い引張力を一定に加え続け、ひずみや破断時間を測定して材料特性を評価します。ひずみを測定する試験はクリープ試験と、ひずみを測定しない試験はクリープ破断試験と、それぞれ呼びます。ひずみを測定することで、ひずみ-時間線図(クリープ曲線)が得られます。このクリープ曲線は、その変形挙動をパラメータ化することで、クリープ破断寿命を予測することができます。

適用対象

試験項目

適用例

保有機器の主な仕様

単式試験機
最大試験力15 kおよび30 kN、試験温度範囲450~900 ℃
複式試験機
最大試験力30 kN、試験温度範囲300~900 ℃
試験片形状
丸棒試験片(直径6.0 mm、10.0 mmや13.0 mmなど)
      板状試験片


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top