(2) 昇温式水素分析

概要

鋼や溶接金属は、拡散性水素や残留水素を含んでいます。鋼の溶接の世界では、室温付近の温度で移動できる水素を拡散性水素と呼んでおり、移動できない水素を残留水素と呼んでいます。昇温式水素分析は、一定速度で加温しながら試験片内のガスを抽出し、質量分析計で計測することによって、種々の機構で残留している水素を温度の関数として分離・測定する方法です。なお、質量分析装置の測定分子量を変えることによって、水素以外のガスについても測定が可能です。

適用対象

分析項目

適用例

保有機器と主な仕様

最大試験片サイズ
12 mm 厚×25 mm 幅×40 mm 高さ
最高加熱温度
1000 ℃
質量分析装置の測定範囲
分子量2~200 まで


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top