(46) 材料評価例-2(TEM組織観察-2:抽出レプリカ法)

内容

○鋼など材料中の析出物や介在物の挙動は、強さ、じん性、耐食性等に大きな影響を与えます。析出物、介在物の観察・解析を目的とする場合、抽出レプリカ法によるTEM観察を用います。抽出レプリカ法は、金属から析出物や介在物を剥離し、観察する手法で、マトリックスの影響を受けずに、析出物や介在物を分析、同定することができます。


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top