(34) バレストレイン試験

概要

バレストレイン試験(Varestraint:可変拘束試験)は、高温時に発生する溶接割れ感受性を調べる試験の一つです。この試験は、ティグ溶接トーチで溶融中の試験板に瞬間的に曲げ変形を加えて溶融ビードに高温割れを強制的に発生させる試験であり、凝固割れ、再加熱による液化割れを区分して評価できます。溶接材料の耐割れ性比較や溶接条件の選定に用いられますが、ジグの曲げ半径(ひずみ量)を変えたり試験片の割れ温度域を測定することで、割れを定量的に評価することができます。

適用対象

試験項目

適用例

バレストレイン試験の概要

[バレストレイン試験の概要]

[バレストレイン試験機]


炭素鋼サブマージアーク溶接金属の凝固割れ脆化特性

[炭素鋼サブマージアーク溶接金属の凝固割れ脆化特性]


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top