(35) 溶接ヒュームの測定

概要

溶接ヒュームは粉じんの一種であり、溶接アーク中で蒸気となった金属が冷却過程中に酸素と結びつき微細な金属酸化物となったものです。その発生量を、ハイボリューム・エアサンプラー(1.5 m3 / 分)を使用した全量捕集法(JIS Z 3930)に従って測定します。すなわち、内容積0.32 m3 のヒューム捕集箱の中で、手溶接棒又は溶接ワイヤ固定の下向ビードオン・プレート溶接を行い、その際発生するヒュームをろ紙(ガラス繊維製)上に全量捕集して、時間当たり又は消費溶接材料量当たりのヒューム発生量を求めます。
また、上記方法でろ紙上に捕集した各種溶接ヒュームの化学分析も、JIS Z 3920「溶接ヒューム分析方法」などに基づき行えます。

適用対象

測定項目

適用例

アーク溶接用ヒューム捕集箱

[アーク溶接用ヒューム捕集箱]

低ヒューム溶接棒のヒューム発生量測定

[低ヒューム溶接棒のヒューム発生量測定]


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top