(36) 溶接スパッタの測定

概要

溶接スパッタは、被覆アーク溶接棒や溶接ワイヤの端部および溶融池から飛散する溶融金属の微粒子です。スパッタ発生量の測定は、JISなどの規格がないことから各種の測定方法が行われていますが、一般には、「アーク点から飛散したスパッタを捕集箱で集める方法」で測定します。すなわち、下向ビードオン・プレート溶接を行い、その際に発生するスパッタを周囲に設置された銅製の捕集箱で集めて質量を計測し、単位時間当たり又は消費溶接材料量当たりのスパッタ発生量を求めます。

適用対象

測定項目

適用例

スパッタ捕集装置

[スパッタ捕集装置]

スパッタ発生量に及ぼす溶接電流の影響調査

[スパッタ発生量に及ぼす溶接電流の影響調査]


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top