(33) y形溶接割れ試験

概要

y形溶接割れ試験は、溶接部の低温割れ感受性を調べる試験です。開先溶接の中では最も応力が集中する初層溶接を模擬した開先形状の試験板を溶接し、拡散性水素が十分拡散する期間(48時間)以上の経過後に、割れの検査を行います。JIS Z 3158(y形溶接割れ試験方法)では、表面割れ率、ルート割れ率、断面割れ率を求めて評価します。
なお、試験板の予熱温度および溶接環境(温度・湿度制御ルーム)の条件を変えることで、割れ停止予熱温度などが求められます。

適用対象

試験項目

適用例

y形溶接割れ試験板の形状・寸法

[y形溶接割れ試験板の形状・寸法]


HT780級鋼被覆アーク溶接部の割れ試験

[HT780級鋼被覆アーク溶接部の割れ試験]


お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

溶接試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top